2019-2020年度テーマ

東京調布むらさきロータリークラブ 2019-2020年度 クラブテーマ
「 ロータリアンは奉仕・親睦・出席、継続は力なり!! 」

 

2019-2020年度会長挨拶

東京調布むらさきロータリークラブ 2019-2020年度 会長 小泉敏夫

 

 

 

 

東京調布むらさきロータリークラブ
2019-2020年度 会長 小泉 敏夫

 

2019-2020年度の会長テーマは「ロータリアンは奉仕・親睦・出席、継続は力なり」とさせていただきました。

現代においては、長生きする事と人生の幸福はイコールで結ばれてはおりません。そして、ロータリークラブはだれでも加入できるものではありません。
それ故にこそ、加入した会員が「私はロータリアンである」という誇りが持てるクラブ、挨拶と笑顔を忘れず、あらゆることに好奇心を持ち実践するクラブ、例会に出席することが癒しとなるようなクラブ、そうすることで長寿と人生の幸福がイコールで結ばれるようなクラブにしたいと思います。

何よりもロータリーライフを楽しくしなければなりません。私は、親であり兄弟であり、時として親友であるような、そういう仲間意識が我がクラブに脈々と根付いている伝統であり宝なのだと確信しております。今後も楽しい例会作りを心掛け出席率をあげていきたいものです。

今年度の例会や行事は理事、役員、委員長、副委員長、各委員の皆さまに目の前で起こるであろう出来事に対してロータリアンとして責任を持って立派に対応し、調布むらさきロータリークラブの良き歴史を次代につなぐ事が私の役目であります。そのためには各委員会を担当・運営していただく会員の皆さまの暖かいご支援・ご協力が必要不可欠です。

一年間よろしくお願いいたします。